連帯保証人考えられる意味となってしまった時に負うリスク

連帯保証人は、法的に債務者と同じ義務を負う保証人のことを言い、その債務に対する責任と履行が求められます。 民法では保証債務を負う人といい、 一般では身元保証人と言われています。

連帯保証人は、借りた当人と同じの立ち位置になるので、借りた人が返済を断った場合や、返済の状況によっては、連帯保証人が代わりに返済を求められることになる場合もあり、それゆえ、貸金の保証人は、自分が借りたことと同等であると考えられるのです。

たとえば、銀行や消費者金融、カード会社、教育ローンなどを利用する場合には、契約書型の割賦契約の保証人欄には、連帯保証人が求められることが一般的です。

これは、単なる保証人では、催告時や検索時に抗弁権問題が発生するからです。抗弁権とは、債務者本人に金を返すように督促要求することや、債務者に返済できる資産の有無を確認して、あれば執行要求できるものです。

これらの制度を利用すると、夜逃げした張本人を探したり、資産状況を探る手間を省くことができ、そのため債権者は連帯保証人に請求することができます。また、銀行から融資を受ける場合には、信用保証協会の認定を受けて保証先として連帯保証人に代える場合もあります。

なお、この制度は日本以外の諸外国では見ることができない、日本特有の制度になります。連帯保証人になるということは、後々大きなリスクを伴い、そのため、家族間やどれほど信用している親しい友人や親族から頼まれても、可能な限り保証人にならないことが大事になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ