ローンを組む借入先の種類とその違いの特徴のまとめ

一般的に、ローンとは「貸付」という意味になりますが、庶民にとっては、「お金を借りる」という意味になります。たとえば、手元の貯蓄や収入で賄えない支出がある場合には、金を借りて返済することになります。これらの制度は、住宅購入や自動車購入、教育費などだけではなく高級消費財を買う際にも利用されています。

日本では、貸付の借入先やその内容によって特徴があります。主な借り入れ先として、企業や個人が利用する場合は、銀行などの株式会社などの民間金融機関、そして、信販会社や消費者金融などのノンバンクがあり、さらに住宅金融支援機構や日本政策金融公庫国民生活事業などの公的な機関も入ります。

公的機関の貸付は、使途や借入条件や借入限度額などに制約があり、金利が比較的低く設定されており、固定金利が多いといえ、一方、民間の金融機関やノンバンクは、その資金の使用意図や借入する際の条件、限度額が比較的緩やかに設定されているため、金利や返済期間などが選択できるようになっていのが特徴です。

またこれらの目的としては、住宅、自動者、教育などのように使途が限定されたものと、カードローンのように使途が自由なものに大別されます。

また使途が限定されたものでは、使途を証明する書類が不必要です。さらに取引金融機関を利用する場合では、使途が限定されている方が、自由なものよりも金利が低いというメリットがありますが、これらの借り入れ条件には、担保が必要な有担保と無担保というものに分かれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ