アイバンコードとは何かを理解し、トラブルを回避する方法

アイバンコードとは、「International Bank Account Number」の略で、日本では「国際銀行口座番号」と呼ばれています。これらは主にヨーロッパで使用されている銀行口座の所在国、支店、口座番号を特定するために必要な、国際的に統一された規格コードになります。

また、これは元々、欧州連合内で使用されており、国際送金を円滑にする目的で開発されました。これがなければ、相手先を特定することに時間と手間を要し、処理が迅速にできず、エラーが起こりやすくなり、人件費などがかかります。そのため、これらは欧州銀行規格委員会によって採択された後、国際標準化機構によって規格化されました。

このコードは、最長34文字のアルファベットと数字から成り立ち、少なくともて最初の2文字はアルファベットになり「国名略号」となります。また次の2文字では「チェックディジット」を示します。

その後に、ようやく各国内の銀行の口座番号が記載されることになり、近年では、欧州内の多くの金融機関で行われる送金では、IBANやBICといったコード情報が必須となっています。そのため、これらの情報がない取引については、個別対応が必要になるため、別途手数料を請求されることが多いです。

また、アイバンコードの採用国では、これらの情報がないと、入金遅延や送金が実行されないことがあり、場合によっては、送金されずに顧客に返送されることもあります。欧州向けの外国送金で、これらの情報が不明な場合は、あらかじめ送金受取人に情報確認してから、送金手続きを行うことがトラブルを回避できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ