アジャスターの仕事内容と仕事で求められる能力

アジャスターとは、主に損害保険会社で保険事故に関わる様々な損害調査サービスを行う人を呼び、これは、専門職のため、社団法人日本損害保険協会に登録して、見習、初級、3級、2級の資格に分かれます。

また、これは特定の保険会社に勤務して損害調査を行う専属型と、特定の会社に勤務しないでフリーランスで仕事を行う乗合型の、2つの雇用形態があります。
具体的なこの業務内容は、保険の対象事故車の損傷部位と、損傷内容の整合性を偽装がないか判断します。

その後は、損傷車両の正確な損傷診断を行い、入庫した修理工場と修理内容から、妥当だと思われる費用等の打合せをして修理費用を確定します。
但し、希にこれらはうまく確定できないこともあります。その場合の判断は、車が契約されている親会社である保険会社に判断を委ねます。

ただし、場合によっては弁護士の援助が必要となり、訴訟になることもあるので、修理費を確定しないこともあるのです。
この仕事に求められ資質としては、自動車に関する様々な高度な専門知識や、適切な過失割合を判断するための交通法令や損害賠償知識が必須となります。

また、速やかに修理費協定や賠償交渉を遂行するためには、説明能力や説得能力といった交渉力も必要になり、さらに過敏になっている事故関係者に対して心配りが出来ることも、求められる大事な要素です。法令遵守が社会的に求められる近年では、事故処理に当たっては、常に法令を遵守しながら適切妥当な公平性が求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ