アンダーライティングの業務内容と必要性

アンダーライティングは、保険業界や証券業界で引き受け業務として業務を行います。証券会社の場合には、顧客の公募増資、売り出しの株式や社債などを引き受けることを指します。一方、保険会社では、契約申込みがあった場合に、保険会社がそれを受け入れるかどうかを判断します。

保険会社では、顧客から保険契約の申込があれば、その案件を全て引受けるのではありません。それらの契約に関わるリスクを検討しながら、引き受けるかどうかを審査します。その際、リスクを内包する保険契約があれば、全て拒否することはありません。

できる限りそれに見合った引受条件を提示することで、顧客の同意があれば、それに基づいて引受けをします。アンダーライティングは、申込まれた契約に関わるリスクを見極める役割があります。

この業務は、生命保険会社では、複数の部に分かれて業務を行います。具体的には、契約を引き受ける際に、審査とその成立を行う新契約、それを管理する保全、保険料の入金管理をする収納、約款に基づいて支払義務を履行する保険金及び給付金支払に分かれます。

また損害保険会社では、この業務は高度な専門性が必要です。具体的には、会社が定めた基本的な車や損害に対する知識や各種規定を熟知し、使いこなせる知識と経験が必要で、また、損害保険のプロフェッショナルとして、リスクの分析と評価方法を熟知しながら、リスクに応じた保険料を算出する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ