インフラファンドとはどんな金融商品なのかを知る

インフラファンドは、投資家から資金を集めて、道路や発電所、鉄道、空港、港湾といった公共インフラに投資する金融商品をいいます。

このファンドの運営は、投資家から集めた出資金と自分たちで交渉した銀行からの借入金を元手に、国内を始め、欧米や新興国のインフラを対象とし、ここでは投資をするだけではなく、既存インフラを購入、その運営会社の株式を取得、インフラ関連企業の株式に投資するなどの手法があります。

ファンドの種類としては、年金基金といった機関投資家から資金を募る私募ファンドだけではなく、海外の取引所に上場しているファンドもあります。これらの公共投資ファンドの運営会社には、ゴールドマンサックスやマッコリーなどが有名です。

一般的に公共事業は、景気変動に左右されにくいこともあり、投資家にとっては安定した配当収入が期待できるのがメリットです。

また、運営会社は、インフラを裏付けとしていることもあり、それほどマーケティングを強化する必要がありません。そのため現金収入を確実に見込むことが可能で、例えば、発電所なら売電から、道路や鉄道といった交通機関ではその利用料と施設運営から得られる収入を、投資家への配当に充てることができます。

これらのファンドの期待利回りは、投資対象物や地域で異なりますが、通常は年7~10%台になります。ただし、新興国では20%超の運用利回りを目指すものもありますが、政情不安や気象問題もあり、ハイリスクハイリターンと考えられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ