インベストメントバンクの業務と活躍している金融機関

金融業界において、投資銀行業務をインベストメントバンクと呼びますが、こう呼ぶのは、預金や融資を行う商業銀行と区別するためで、実務的には証券会社に近いことを行います。

主な業務には、証券引き受けやそれに付随する財務アドバイスを行うのですが、具体的には、事業法人や機関投資家、政府系機関といった顧客に、株式や債券の引き受けや資金調達、M&Aのアドバリザリー、マーケットメーキングリスク管理、外国為替などを提供します。そのため一般の、個人向け取引は一切行いません。

発祥はアメリカで、代表的な投資銀行には、J.P.モルガン、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどがあります。日本では、米系の外資系金融機関や大手証券会社などがインベストメントバンキングを手掛けています。最近では、国際市場の債券引き受けランキングで順位を上げているメリルリンチが業界に加わっています。

日本国内では、証券会社が主にこの業務を行ってきた経緯がありますが、これまでは、投資銀行業務だけに特化した金融機関は存在しませんでした。しかし、近年のM&Aの増加とともに、国内でも金融関連の法的な整備が進み、その結果、このビジネスに力を入れるために、金融機関では統合をする必要が出てきました。

たとえば、大和証券と住友銀行が合弁で大和証券SMBCを設立しましたし、日興證券とトラベラーズグループが、現日興シティグループ証券である日興ソロモンスミスバーニー証券を合弁で設立したことも挙げられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ