返済が延滞することで発生する弊害と注意点

一般的には、納入や支払いが滞ることを延滞と言います。たとえば、キャッシングを利用してお金を借りる場合には、返済計画についてしっかりと自分の経済状況を明確にしておく必要がありますが、これを曖昧にして返済計画を立てていると、この途中で返すはずのお金が足りなくなることが想定され、期日には返済ができなくなるのです。

そうなると延滞金が発生し、度合いにもよりますが、かなり遅れた場合には遅延損害金として、罰則のような形で課せられてしまいます。一般的には、返済期日に返せなかった金額よりも、かなり高い利率の利息が課せられるでしょう。ただし、この遅延損害金は必ず払わなければいけないということではありません。

あくまでも長期間や、連絡がとれないなどの場合の罰則規定に課せられる可能性があり、返済が少しでも遅れる場合には、事前に連絡しておくことで免れることもあります。
また、少しでも返済が滞るとデータとして金融機関に残ります。

滞りが頻繁だったり、ある一定期間続く場合には、信用できない人物であるとみなされ、その結果、借入限度額の引き下げや、強制的に利用停止などが起こってしまうのです。

さらに、悪質とみなされると情報共有機関に事故として記録が残りますので、そうすると、将来的にどこかで融資を受けようとする場合には、審査でその記録が出てくることになります。結果、まともな金融機関ではお金が借りられない可能性が高くなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ