オーバーアロットメント制度の導入とルール

企業が、証券会社経由で有価証券を募集または売出しする場合の制度を、オーバーアロットメントといいますが、これは、需要動向に合わせた販売と、その後の需給悪化を防止する目的で導入されました。

たとえば、募集や売出しで予定株数を超えるような需要があった場合には、発行元である大株主から主幹証券会社が一時的に株式を借り、そして超過分は、当初どおりの有価証券用と同じ条件で追加的に投資家に販売するのです。

この追加の販売株数は、募集・売出し株数の15%を上限として調達されますが、その借りた株式を返還する必要があります。そこで、主幹事証券会社は、発行元である大株主等から、引受価額と同一条件で、追加株式を取得する権利を付与されることになり、これをグリーンシューオプションと呼ばんでいます。

このグリーンシューオプションが、販売後にその行使価格よりも市場価格が下回った場合には、主幹事証券会社はグリーンシューオプションを行使しません。しかし、一般的にはシンジケートカバー取引を利用すると、株価を安定させられることが可能です。

一方、販売後にこの行使価格が市場価格よりも超えてしまった場合には、主幹事証券会社は、追加で販売した株式数から、他で取得した株式数を差し引いてグリーンシューオプションを働かせ、具体的には、発行元の第三者割当増資等を引き受けて新株を取得し、大株主に返済します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ