オペリスクの種類とそれに対する金融機関の対策

オペリスクは正式にはオペレーショナルリスクと呼ばれ、金融機関では一般的な言葉です。金融業界では、幅広い損失危機に対する概念がありますが、これは、通常業務を遂行する場合に発生する損失危機を総称して呼びます。

具体的に通常想定される損失危機としては、法令遵守違反による法務的なもの、内部者の業務ミスによる事務的なものや不正行為があり、さらに、火災や地震などによる被災リスク、システムトラブル等によるシステムリスク、風評批判により会社の評判が傷つけられる風評リスクなどが含まれます。

これにより、利用する顧客の預金や資産に多大な損失が発生することにつながります。そこで金融機関には、常に業務の健全性と適切な観点でこれらを整備し、解決策を確立する役割と責任が発生しますが、金融機関として各社では、これらを特定し、評価し、モニタリングしてコントロールを行い、削減することを目標にしています。

例えば、社内全体としての総合的な管理態勢を整備するために、検査官を任命して損失危険を検証しており、各金融機関の業務規模や特性及びリスクのプロファイルは異なるため、各社が採用しているこれらの定量化手法や管理体制も異なります。

具体的には方針の策定、内部規程、組織体制の整備、評価や改善態勢の整備が挙げられますが、その手法は、各社の戦略目標や業務の多様性により決定されます。そのため、検査官により上記が遂行されていることを、経営陣に随時確認しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ