オンライン銀行の銀行形態や業務と既存銀行との違い

従来の銀行が構える店舗や、預金通帳を発行せず、自前のATMが少ないのがオンライン銀行です。振込手数料の無料化や、金利上乗せなど従来とは異なるサービスを提供しており、そのため、人件費や店舗運営コストがかからないので、預金金利を高くして手数料を安くできるメリットがあり、従来とは異なる銀行形態になります。

日本では、住信SBIネット銀行や、ジャパンネット銀行、新生銀行などがそれにあたるでしょう。また、個人顧客を中心に業務を行うため、従来の銀行業務と同様に商品バラエティとしては、定期預金や普通預金、仕組み預金、外貨預金など取り扱いが可能です。

また、人件費が比較的かからないこともあり、それを金利として従来の銀行より高めに設定して顧客に還元しています。また、会社によっては、投資信託や住宅などのローンなどを取り扱うところや、証券や保険商品の仲介業務までしているところもあるようです。

具体的な取引では、振込や振替などでインターネットを利用するネットバンキングや、テレフォンサービスを提供しています。また、現金の取り扱いでは、キャッシュカードを利用して提携ATMを利用することが可能です。

また、これらは設立当初から預金通帳を発行することなくインターネット上で入出金明細を確認したり、ステートメントを郵送します。ウェブサイトでの取引照会では、取引概要をサイト画面に表示されるところが多く、リスク管理のために、使用するパスワードも随時変更することが推奨されていいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ