外国為替ブローカーの金融業界での役割と貢献度

外国為替ブローカーは、金融業界では外為ブローカーと呼ばれ、インターバンク市場で外国為替取引の仲介を行っています。主な業務としては、為替仲介をするだけで、自分たちがポジションを持つ取引は行いません。銀行と直接取引をしたくない金融機関で、それでもインターバンク市場に参加したい場合には、このブローカーを利用します。

また為替ディーラーの中には、情報収集として利用することも可能です。このように、彼らは仲立ちとして非常に重要な役割を果たしています。
外国為替の仲介は、売り手と買い手を取り次ぐことで商いを成約させます。そして取引成約時には、ブローカレッジと呼ばれる手数料を双方から受け取るビジネスです。

そのため、彼らの主なブローキングスタイルは、テレビで見るように人間が仲介するボイスブローキングと、コンピューターシステムにより仲介する電子ブローキングの2種類が存在します。

現在では、90%以上の取引が電子ブローキングになっています。システム移行した背景には、人的なミスによるトラブルが回避できるだけではなく、仲介手数料が安く事務処理コストや手間が軽減できるメリットがあります。

また、与信管理などのリスク管理を簡単に処理することも可能です。現在の為替の仲介取引の多くは、コンピューターが自動で約定を成立させる電子ブローキング形式です。一般的に、テレビでみかけるような為替取引の映像は、外国為替ブローカーのブローキングルームが映しだされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ