貸し倒れが発生する状況と企業の取引先の防止対策

貸し倒れとは、売掛金や貸付金などが回収できなくなり損失を被ることです。一般的に、中小企業などの取引では、商品やサービスを販売してもすぐに現金を受け取ることはなく、売掛金や受取手形などで決済を行います。しかし、販売先の企業が倒産などの理由により支払ができなくなったため、その代金が回収できなくなることを言います。

また、金融取引においては、ローンやクレジット債権などが不能となることを意味します。
そこで、金融機関ではローンやクレジットカードなどを組む場合には、与信を確認するために、顧客の信用力や返済能力などの審査を行います。

しかし、この審査では、顧客に貸すことで金利を獲得したい場合などでは、その審査基準が甘いことがよくあります。そうなると、顧客の状況によっては延滞することや、回収不能になる状態では貸し倒れが発生します。そのため、この貸し倒れは金融機関等に多大な影響を与えることになります。

特に、バブル以降はこれが多発しました。そのため、公的資金が入った金融機関は金融庁の指導の下、不良債権処理に悩まされた経験があります。企業では、事前に防ぐために毎月取引先の与信審査を行っています。

特に、支払期日の延期、支払方法の変更、社長と連絡が取れにくい、社長が外出しがちで決裁が取れないなどはリスクが迫っています。さらに、取引先銀行の変更や利用銀行の増加、在庫が以上に増えている、急に注文が増えたなどの場合には、今日明日にも発生するリスクが高いと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ