銀行が貸し出しを行う場合の審査とそのメリット

貸し出しとは、銀行が個人や企業に供与するもので融資、貸付とも言います。これは、銀行業務の基本業務の一つとなっており貸出金は銀行の中の運用資金としても中心的な位置づけになります。融資は、あくまでも資金を貸すことですから、借りる側は資金の額にプラスして何らかの利息を返済する必要があります。

また、融資を受け入れる金融機関は利息を得るために資金を貸し出します。これらの種類は具体的には、銀行法上の勘定科目により手形、証書、当座貸越し、手形割引、コールローン、支払承諾、貸付有価証券などに分類されます。

ただし、一般的には、手形貸付け、証書貸付け、当座貸越し、手形割引の4つを貸し出しといいます。個人の場合には、マンションや自動車購入、教育費などの不足を補う目的で、法人の場合には、事業拡大や設備購入資金、経営維持といった目的で融資されることが多いものです。

ただし、これに関しては、無条件に行われることはなく、返済が可能かどうかを含めて、厳格な審査を経て融資が行われます。また、 融資によっては同等の担保が必要になりますので、気軽に受けられるわけではありません。

ただし、銀行融資が増加すると、その資金は債務者の預金勘定に入金されて預金が増えますが、その資金は各種の支払いに当てられます。そして、別の預金者の預金になります。結果、銀行全体でのバランスシートを見ると、資産として貸出増と預金増が生じるため通貨供給する量が増加していきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ