銀行が貸し剥がしを実施する際の理由とその状況

貸し剥がしとは、銀行が企業や個人に融資している資金を積極的に回収することをいいます。これは銀行が自社の経営安定を最優先にするあまり、一度も返済の滞ったことのない企業や個人に対しても行われるのです。具体的には、融資を減額したり、取りやめたり、ひどい場合には返済期限の到来前に返済を迫るような場合もあります。

そのため、借り主にしてみると、事情を考えずに資金を強引に回収されるため、銀行に対して不信感を持ちます。不景気になると、融資に消極的な貸し渋りと同様にこれをする銀行が多くなります。

その背景は、バブル崩壊後の1990年代半ば以降の巨額の不良債権を抱えた銀行で多発しました。金融庁の指導下で自己資本比率を確保するために、お金を貸さない、早期返済を迫るなどを積極的に行いました。結果、資金繰りが悪化した企業の連鎖倒産が相次いたため、大きな社会問題にまでなりました。

90%以上が中小企業である日本では、技術革新させ、商品を作るためには資金が必要になります。銀行からこのような行為をされると、資金繰りに困り事業がたちいかなくなることもあります。しいては、日本が世界の中での競争力に負けることにもなります。

銀行は、公的資金を投入されたにも関わらず、社会的な使命を忘れて自己防衛に走る姿勢は全く変わっていません。世界的にみても、米国発サブプライムショックや欧州債務危機などのクレジットクランチが起こっています。国内では、これらの問題に対して、政府は融資促進を目的にした政策を実施していますが、必ずしもうまく機能していないようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ