カストディアンが代行を行う具体的な業務内容

カストディアンとは、投資家に代わって、株式や債券といった有価証券の保管や管理を行う金融機関をいいます。これには複数国の有価証券を取り扱うグローバル・カストディアンと、現地の有価証券を取扱うサブ・カストディアンに分かれます。

例えば、国内の投資家が、外国の株式や債券を購入すると、現物を取り寄せて保管管理することは非常に難しいものです。そこで、現地の保管管理人と委託契約を結ぶことで、有価証券を保管管理してもらう必要がでてきます。

そのためこれらの契約を交わすには2種類あります。国内の投資家が外国の有価証券に投資する場合と、海外投資家が国内のものに投資する場合に締結されます。近年では、多くの投資家が国内外の有価証券に幅広く投資しているため、保管管理人に委託することが一般的になります。

一般的に保管管理人の役割としては、有価証券の保管管理だけではなく、元利金・配当金の代理受領、預り運用資産の受渡し決済、運用成績の管理、議決権の行使、コーポレートアクション報告など多岐に渡って業務を行います。そのため、一人で全ての業務をするわけではなく、国や企業担当制、あるいは決済だけなど担当制に分かれて業務を行います。

国内では、主に信託銀行や都市銀行、証券会社がこれらの業務を手掛けています。また、海外ではステート・ストリート、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JBモルガン・チェース、シティグループなどが有名です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ