カレンシーオーバーレイが利用される場合のリスク

一般的には、オーバーレイとは、重ねるという意味になりますが、金融では、カレンシーオーバーレイ運用として使用されます。外国証券等の有価証券を運用する場合には、資産そのものの変動リスクのほかに、外国為替レートによる変動リスクも出てくるという問題があります。

そこで、外国証券を運用する場合には、委託するかのか、まはた自分たちで行うかということになります。この運用では、外国証券と為替を、それぞれの実績があるファンド・マネジャーに任せることをいいます。

たとえば、年金基金の資産では、全体資産の20%を米国株式と米国債券に投資する場合、数社の投資顧問会社に委託します。各資産の運用は、各ベンチマークに対比して任せるのが一般的です。また、米ドル通貨の為替に関しては、他の外国為替専門の金融機関に一元的に任せるようなケースをいいます。

こうする理由は、有価証券と為替の性質が異なるからです。そこで、その投資分析や手法を変える必要がでてくるために、その専門家に委託します。そこで、より効率的に外貨資産を運用をするためには、リスク分散やリターン率の向上等を図る必要がでてきます。

商品を運用する場合、国内の有価証券だけでは実績を上げることは不可能なため、資産に占める外貨建資産の割合は増加させる必要がでてきます。結果、為替リスク管理の重要性がクローズアップされてきたため、カレンシーオーバーレイ戦略がその一環として注目を浴びています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ