為替オーバーレイが利用される運用方法とは

為替オーバーレイでは、外債や外国株といった外貨建資産の運用において、その為替部分を原資産から分離します。そして能力が高い為替マネジャーに委託することをいいます。これは、1980年代後半にアメリカで始まり、1990年代以降には年金基金の海外投資が加速しました。

結果、このようなサービスの提供が本格化し、世界各国に普及していきました。現在アメリカでは、複数の外貨建ファンドの為替エクスポージャーをマスタートラストが一元管理しています。そして、その情報を受けた為替マネジャーが、為替エクスポージャーを運用管理しています。

一方、これらの場合には、為替を外貨建資産の付属品としてではなく、独立した資産として管理運用していく考え方がでています。この主な投資手法としては、クロスカレンシートレーディングと言われています。

また、実際のスタイルとしてはハイリスクやハイリターンを積極的に利用するアクティブ運用があります。一方、ヘッジ率をベンチマークにしてそれに近づけるものにパッシブ運用があります。また、この両者を混合したアクティブ・パッシブ混合があります。基本的には、3種類の方法に分かれます。

なお、このこれらを行う場合には、何をベンチマークとして設定するか、どのような手法を利用してヘッジをするかという問題があります。また、リスク管理はどのようにするかといった、運用に関する重要項目を明確化したガイドラインを作る必要もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ