協調融資が利用される場合の状況と組成される目的

協調融資とは、別名シンジケートローンとも呼ばれています。たとえば、M&Aなど大きな資金調達が必要な場合には、複数の金融機関が協調して一つの融資契約書に基づいて、同一条件で融資を行います。

その仕組みとしては、アレンジャーと呼ばれる取りまとめ役の主幹事が、資金調達したい企業と調整して、利率や期間を設定し複数で分担して融資します。
この複数の金融機関がまとまって融資する目的は、金融機関が背負う貸し倒れリスクを分散できるメリットがあるからです。

また、主幹事は、貸出金利だけでなく、アレンジメントフィーやエージェントフィーといった手数料が入るため、大手金融機関では投資銀行業務の一つとして位置付けています。ただし、複数の金融機関で組成されるため、その成否は取りまとめるアレンジャーの案件組成能力によって左右されることもあります。

一方、企業としては、多額の資金調達ができるメリットがあります。
この融資では、一般的に市場型間接金融と呼ばれる調達手法を利用します。これは、財務内容を開示し債権の流通可能性を高めることで資金調達の可能性を広げることができます。これは、市場性と柔軟性を併せ持つため合理的な手法になります。

そのため、プロジェクト投資や設備投資といった長期的な投資を行う場合の資金調達で利用されます。しかし、時にはコミットメントラインといった短期融資枠組成や、コミット型タームローンにおいても有効的に利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ