協調融資団が組成される目的と具体的な役割

協調融資団とは、シンジケート団、シ団とも呼ばれています。この目的はシンジゲートローンを引き受けるために、複数の金融機関が結成してできるグループのことをいいます。シンジゲートローンでは、主幹事と呼ばれるアレンジャーがこの団体を取りまとめて、企業と貸出条件の検討や参加する金融機関の招聘、契約書の作成等の役割を担います。

また、企業と団体との調整役も担います。そのため、通常はアレンジャーになった金融機関が、エージェントに就任します。そして、融資期間中は、エージェントが事務代行も兼ねて、元利金の受け渡しや契約管理を行います。

そのため、主幹事には、貸出金利だけでなく、アレンジメントフィーやエージェントフィーといった手数料が入るようになっています。
このシンジケートの組成には、大きく分けて2種類の方式があります。1つは、新規取引金融機関も含めて、幅広く参加金融機関を募集してシンジケート団を組成する方式。

もう1つが、限られた金融機関でシンジケート団を組成する方式になります。
案件の組成においては、企業による指名によりアレンジャーは、案件の組成委託を請け負います。

請け負ったアレンジャーは、契約条件の検討に始まり、シンジケートローンの募集や組成、団員となる金融機関との契約締結手続きなどをおこないます。このローンは、通常の相対の銀行借入やアレンジャーが募集する債券の資金調達よりも、自由に取引条件を設定できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ