銀行の銀行と呼ばれる理由と具体的な役割とは

銀行の銀行とは、一般の銀行が日銀に預金を預け入れ、そのお金を個人や企業に供給させることからそう呼ばれています。この金融機関が持つこの口座は、日本銀行当座預金といい、出し入れが自由な無利子の預金口座を持っています。

この口座の役割としては主に3つあります。まず、金融機関が他の金融機関や日銀、他国と取引を行う場合の決済する手段として利用します。次に、金融機関が個人や企業に支払う予定の、現金の支払準備としてあります。

最後に、準備預金制度の対象となる準備預金として確保しておきます。この口座があることで、一般的な市中銀行では、大きな資金を金庫に入れておく必要がなく、預かった預金を貸付に回しています。ただし、一般の人は日銀に口座を持つことができません。口座を持つことができるのは、政府と金融機関だけになります。

例えば、預金者が金融機関にお金をおろすために殺到するような、取り付け騒ぎが起こった場合には、対応できる資金が準備できていません。そこで、他行にお金を借りることになりますが、それでもまだ足りない場合には日銀に借りることができます。

こういうことからも、日銀は「銀行の銀行」としての役割を果たして、最後の貸し手になります。そういった理由から、一般の民間人は、日銀に口座を持つことができないのです。このほかに日銀は、「政府の銀行」と呼ばれ、政府からの預金を受け付けて管理します。この政府のお金は、税金ですので国債とともに管理します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ