銀行法が適用される金融機関と設置された理由

日本における銀行法は、広義の意味では、銀行に関するすべての法律ということになります。なお、この法律が適用される金融機関には、都銀、地銀、第二地銀行、外銀、信銀があります。この法律では、銀行とは内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者とされています。

また、預金や定期積金の受入れとして資金の貸付け、手形割引を併せ行う、または為替取引を行うといった、いずれかの業務を行うと定義されています。
歴史としては、1981年6月に、銀行に関しての規定として定められました。

基本的な法律としては1872年の国立銀行条例、1890年の銀行条例がありましたが、中小の金融機関の破綻が多発したころから、預金者保護とその経営の健全性確保に重点を置いた旧銀行法が制定されました。

ここでは、これらの業務の公共性に基づいて信用を維持しながら、預金者保護を促して、これらの健全かつ、適切な運営を確保することを目的としています。

結果、最低資本金の規定を導入することで、不健全な弱小金融機関の整理洵汰と合併への促進につながりました。また、1998年12月に施行された銀行法改正では、子会社が営む業務範囲が大幅に見直されました。

ここで、子会社のこの範囲は金融または金融に関連する一定業務に限定するものとされました。また、その事務処理のような従属業務を営む子会社を除き、金融関連する業務以外を営む子会社を切り離します。グループ企業に対する出資規制は撤廃されて、銀行がその傘下に子会社をもつようなホールディングとして設立することが可能になりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ