銀行融資枠が設定される範囲と期間と条件とは

銀行融資枠とは、またの名をコミットメントラインとも呼ばれています。これは、銀行と企業が予め設定した期間や融資枠の範囲内で、顧客の請求に合わせて融資を実行する契約をいいます。ここでは、安定的に運転資金を確保できるだけではなく、マーケットや経済状況において不測の事態がおきた場合の手段を確保することができます。

そのため企業は、この契約期間中で融資枠内であれば、いつでも審査なしに融資を受けることができます。結果、1999年に「特定融資枠契約に関する法律」が制定され、手数料の自由度が広がり、銀行融資枠の利用が広がるきっかけになりました。この契約では、銀行で所定の審査があります。

また、設定したこの枠を利用する場合には、金利とは別にコミットメントフィーといった手数料が必要になります。通常は、コミットメントラインとして、非常時以外には資金引出をしないものになります。

しかし、例外措置としてバイラテラル方式を利用するためには、各金融機関と個別契約を締結する必要が出てきます。もう一つは、シンジケート方式となり、アレンジャーと呼ばれる主幹事金融機関を中心に複数の金融機関と、1つの契約書に基づき同一条件でコミットメントライン契約を締結する方法があります。

このような契約を利用することで、企業は、安定的な流動性と、緊急時の流動性の補完ができるだけではなく、B/Sをスリム化することでROAを向上できるため、効率的に資金運用ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ