金融の概念とその中の直接金融と間接金融の違い

金融とは、金銭のやり取りが滞ることなく回っていることをいいます。これにより、社会の中の経済活動が回ります。金融の中では、大きく分けると直接金融と間接金融という2つの形態に分けて考えられます。

直接金融とは、資金の貸手と借手が直接に出資契約を結んで資金を融通することを呼びます。具体的には、株式の発行、国債、地方債、社債、私募債などの債券の発行、デリバティブの取引、金銭消費貸借契約の締結などになります。

一方、間接金融では、資金の貸手と借手の間に直接出資契約がないため、間接的に貸手と借手の関係が発生する形態のことを呼びます。これは、銀行に定期預金をする場合には、その預金に対して利子収入を目的にして預金をします。また、保険加入者は、万一の時に保障を受ける対価として保険料を支払うようなことを言います。

しかし、実際に定期預金満期になるまでの期間や、事故が発生して保険が適用されるまでには、相当な時間がかかります。そこで、その満期や支払までの期間に、銀行や保険会社は、預かった資金を運用し、融資し、投資などを行います。

結果、それぞれの銀行や保険の預金者や保険加入者は、間接的に貸手として融通していることとなります。銀行と契約を結びローンを組んだ者は、銀行から融資を受けたという実感が強いです。

しかし、金融の流れで考えると、その資金は、お金を預けた預金者から契約に基づいて集められた預金です。銀行ローンを組んだ者は、間接的には預金者から融通してもらうということになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ