クオンツの分析方法と利用されるメリットとは

クオンツとは、高度な数学的手法や数理モデルを使って数字的分析を行います。主に金融業界でのマーケット分析や、投資戦略や金融商品の考案、開発を行う専門家になります。

起源は、1980年代にNASAのロケット工学を専攻した科学者が、量子力学の手法を金融工学に取り入れたことから金融業界で利用されました。この分析は、デリバティブ取引を始め、リスクマネジメント、保険開発など様々な分野で盛んに用いられています。

運用会社では、過去の市場データや企業業績の推移を数値化して分析し、投資予測モデルを構築する専門的な人をクオンツアナリストと呼んでいます。この定量モデルによって、銘柄を判断して収益予測を立てる投資運用手法をクオンツ運用と呼びます。

また、これらの運用手法を使って作られたファンドは、クオンツファンドと呼ばれて、多くの運用会社で開発しています。クオンツ運用の特性は、過去データに基づくため環境変化に脆弱であり、ファンドのポートフォリオの類似性が高いという欠点があります。

2007年のサブプライムローン問題をきっかけに、大手外資系金融機関の大型のクオンツファンドが相次いで損失計上をしました。この問題が発端となり、多くのファンドが同じ指標を使用して投資をしていたため売却銘柄が類似しました。結果、多くのファンドのパフォーマンスが、同じ手法で運用されていたことが著しく毀損しました。ここから、この分析型ファンドの数は激減しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ