公的金融機関と民間金融機関の役割と融資の違い

公的金融機関とは、郵便貯金、日本輸出入銀行、日本開発銀行など、公的な目標達成を目的とした金融機関の事で、政府が経済発展や産業育成、国民生活の安定の為に設立された組織となります。

公的金融機関以外には民間金融機関があり、こちらは都市銀行、地方銀行などの金融であり、一般の利用者から預金を集めることで成り立ち、融資を行う事で発生する利息を元に利益を出す組織となります。

その為、融資を行う際には限度があることから、大型となる企業への融資やエネルギー開発などの研究費の投資を行うためには大きなリスクが発生することから、簡単には融資を行うことが出来ません。

公的金融機関では国が投資をしていることから、民間金融機関以上の融資を行いやすく、金利、連帯保証人、返済期間、審査基準などの借入条件が比較的に借りやすくなり、大型の投資なども行いやすくなります。

国が投資を行ったことで設立された組織なので、政策金融機関と同等に捉えられますが、こちらの場合には国際協力銀行、日本政策投資銀行などが民間での限界がある融資に対して投資が行われる組織であり、業務的には同じものになりますが、ゆうちょ銀行などはこちらには属せず、一般の利用者からの預金を元に投資を行っているので、融資に利用される金銭の大元の違いにより使い分けられています。

その為、同じに考える人が少なくなく、区別も判断しづらいものなので、同等な組織だと捉えても大丈夫です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ