融資を行うコミットメントラインの種類と役割とは

コミットメントラインとは、顧客と融資を行う金融機関があらかじめ、融資枠、期間を設定することで、金融機関が融資を行う約束事になります。その為、融資をしてもらう顧客の財政状況が左右されたとしても期間内であれば、融資額の増減が行われずに一定の融資を受けることが出来ます。

契約手段としては2種類あり、バイラテラル方式とシンジケート方式に分かれます。
バイラテラル方式では、顧客が各金融機関に赴き、契約を行うもので、大型融資を行ってもらう場合には複数の金融機関からの融資が必要となるので、手間が発生し、コミットメントライン契約の審査などにも時間がかかってしまうデメリットがあります。

もう一つのシンジケート方式はこれは、バイラテラル方式の手間を省いたもので、アレンジャーと呼ばれる幹事金融機関を中心に銀行、返済期間などが集まり、共同に出資を行うものです。

その為、アレンジャーが共同出資者を取りまとめる役割があり、利用者とアレンジャーが契約を結んだ内容は同一のものが共同出資者とも結ばれる形になります。その代わりに契約取りまとめ手数料、事務取りまとめ手数料を負担する必要があります。

メリットとしては、申込先、申込内容を一元化することで、スムーズな資金調達を実現しており、1社では負担できないような資金調達も可能となるので、投資してもらいやすい環境になります。コミットメントラインは短期的な資金調達方法の一つのプランであり、長期的な資金調達には不向きな部分があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ