所有する債権を他人に販売する再証券化商品

再証券化商品とは、ローンやリース、不動産など将来、一定の収益が見込める裏付けされた資産である有価証券を担保にした新しい有価証券の事です。

複数の証券化商品を新たに束ねて作られたものなので、商品の仕組みが非常に複雑となり、裏付けとなる資産が把握しにくいデメリットもありますが、リスク特性が異なる証券化商品をまとめることで、信用リスクを分散させる効果があります。また、返済順位の優劣に合わせて分けることによって、格付け機関からの高い評価を得るメリットがあります。

主に、住宅ローン証券、自動車ローン証券、学生ローン証券などが該当しており、特に住宅ローン証券の場合には2008年にアメリカで発生したサブプライム問題から、複数の有価証券を取り込んだ商品を生み出したことで、そこに価値がある商品だと認められずに多くの投資家を損失させる事態へと発展しました。

この商品のメリットしては、所有する債権を商品化にして他人に売る事であり、債権を売ることで、債務者からのローン返済などを即座に回収出来るという事です。次の融資が行えることであり、ローン滞納者からの不払い対応やリスクを背負うことがなくなります。

債権を買う側としても、購入した金額以上の利益を生み出すものとして価値がありますが、返済時の対応や債務者の自己破産などをしてしまった場合のリスクも補わないといけません。その為、金融機関同士の取引であり、個人がもつ借金が別の金融機関の範疇になるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ