住宅ローンにも影響を及ぼす最優遇貸出金利とは

プライムレートとは、最優遇貸出金利とも呼ばれる金利の事で、銀行などの金融機関が信用度が高い一流企業に融資を行う際に貸し出す優遇された金利の事です。
種類は2種類があり、貸し出しが1年未満の短期プライムレートと1年以上行われる長期プライムレートがあります。

レートに関しては金融機関がマーケットの金利動向を見て判断していることから、時期によって左右するものですが、それでも優遇された金利には間違いありません。また、信用リスクによっても個々に上乗せ金利が付け加えられるので、一流企業の中でも金利の差が生まれます。

短期プライムレートは1年未満の短期での融資を目的とされたものであり、譲渡性預金やコールなどの市中金利を目安に設定が行われます。

その為、長期プライムレートとは利率の判断が大きく異なることになります。長期プライムレートは1年以上の長期にわたる融資を前提に目的されたものであり、レートは金融機関の5年ものの普通社債の利率や市場で取引さえるレートなどを参考に設定が行われます。

プライムレートの動きは住宅ローンに大きく影響するものであり、レート自体は日本銀行による金融政策に影響されて変動を起こすので、変動型の住宅ローンにも直接的な変動を見せる仕組みとなります。

その為、変動型ローンなどが用意されることで、利息率が日本経済によって動きます。住宅ローンプランによっては変動しない固定型もあり、レートの動きを見て判断することが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ