外国の有価証券を代わりに運営するサブ・カストディアンの役割

財産に関する権利や義務などを表す有価証券は投資家などが利用しますが、外国の有価証券を扱った場合にはこれを保管する金融機関を利用しなければいけません。それがカストディアンと呼ばれる組織です。

カストディアンは有価証券の保管、管理をメインとした業務を行う金融機関で、外国証券を購入する場合には依頼した信託銀行がカストディアンと契約を結ぶことで、その国での証券で発生する元金利や配当金などの代理受領などを行ってくれます。

その中でも自国の有価証券だけを取り扱う金融機関の事をサブ・カストディアンと呼ばれ、外国証券を購入する場合は投資家はここと契約を結ぶことになります。証券を日本で管理する手段もありますが、運送の費用や保険に関する問題などがあり、日本よりも外国で管理した方がリスク的に低いのです。

複数の国の有価証券を取り扱う金融機関の事をグローバル・カストディアンと呼ばれ、ここがサブ・カストディアンと契約を結ぶことで、投資家が有価証券を取り扱う金融機関との契約を一括に行うことが可能となり、利用されています。

その為、グローバル・カストディアンの役割としてはサブ・カストディアンを取りまとめる事であり、投資家が証券を購入する際にはここと契約を結ぶことで、複数の国の有価証券を所有することが可能になりました。業務内容としては投資家に代わって、管理する事、取引の決済、配当金、元金利の受領、議決権の行使など現地に行けない投資家の代理が主な役割となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ