民間金融機関である市銀の役割と日本銀行との違い

市中銀行の略称は市銀と呼ばれ、一般的には都市銀行を指す言葉として使われていますが、経済学上では、民間金融機関全てが含まれており、中央銀行である日本銀行との区別をするために使い分けられています。

役割としては、一般人から預金として収められた資金を元に、企業や研究機関が融資を求めてきた際に出資を行い利息を得ることで利益を生み出し、これにより、国が出資を行う公的金融機関と共に日本経済を活性化させることを目的とし、利用者の財産を守ります。

日本銀行にはこの役割がなく、紙幣の発行から国債発行など、国の金融周りの役所であるので、経済学では別の金融機関として区別する必要があります。市銀とは普段の生活で利用している銀行の事で役割も日本銀行とは違います。

主に都市銀行、地方銀行と市銀の中でも分かれており、それぞれにメリット、デメリットがあります。都銀の場合には全国で展開を行っていることから、支店の多さやATMの多さなどから、預金を引き落とす場所の利便性の高さが特徴となります。

地銀の場合には限定されたエリアでのみ展開を行っているので、支店が限定されることから、出張や旅行の際には利便性の低さが目立ち、限定されたエリアでのみ利用を目的とした場合には手数料が都銀よりも安い特徴があります。その為利用方法によってメリット、デメリットが生まれるわけです。

全国キャッシュサービスやバンクスなどの他の民間金融機関同士のネットワークが構築されていることから、第一地方銀行までのATMがコンビニATMなどを通して全国で利用可能で、第二地方銀行になると対応していない場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ