仕組み金融を利用した資金調達方法の仕組み

仕組み金融とは、ストラクチャードファイナンスとも呼ばれる資金調達方法の事で、従来の株式や債券などの手段以外にも、金融機関が顧客と投資家の仲介を行い、資金調達を行う事です。

プロジェクトごとに対して行われる融資を求められることから、プロジェクトファイナンスに該当し、融資手段の一つとしてストラクチャードファイナンスが行われています。

他にはシンジケートローンと呼ばれる複数の投資機関が集まって行われる融資など特殊な手段で資金調達が行われており、プロジェクトごとにキャッシュフローが限定されるので、プロジェクトの資産を担保にして審査が行われます。

プロジェクトとは企業が行うビジネスであり、巨額の費用が発生する石油、ガス、鉱物資源などの開発に関する資金調達として利用されており、最近では発電所の建設、道路、鉄道などのインフラ、テーマパークの建設などにも利用されています。運営する会社とは別会社として扱われるので、会社のリスク軽減にも活用されています。

ストラクチャードファイナンスはそのプロジェクトの一環として仕組みを担保にして資金調達を行います。つまり、融資を行ってもらう側の経営ノウハウや技術力に注目し、事業としてどれだけの利益が生まれるのかを判断することで、ビジネスとして成り立つ仕組みを担保にします。

これにより、企業の信用力や不動産の価値などを担保にしなくて済むので、新興企業などが利用しやすく、資金調達の一つとして成り立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ