会社の信用より資産の信用で判断する資産担保証券

資産担保証券とは、アセットバック証券、ABSとも呼ばれているもので、キャッシュフローを担保にすることで、資金調達が行える有価証券です。

キャッシュフローとはビジネス上で発生する現時点で手元に残る資金の事で、資産担保証券では、投資家に会社の変動する資産や後から生み出すであろう利益の裏付けを行ったものを担保として商品にするので、投資家が期待する資金が手に入ると仕組みになります。

キャッシュフロー以外でも金融機関であればローン債権、売掛債権、リース債権、クレジットカード債権などの他人へ融資した債券なども後から回収できる裏付けさえ行えます。これらも担保にして、新たなる資金調達が行えます。

1998年に日本では金融商品取引法により、債権以外にも不動産などの資産から社債、コマーシャルペーパーと呼ばれる無担保で短期的に資金調達が行える方法などで資金調達が行えるようになりました。

その為、信用と言うものが大きく関わるようになり、キャッシュフローや債権の裏付けが重要視されはじめました。裏付けを行うのは特別目的会社が行う事で、資産に対してはきちんとした判断が行う事が出来るようになり、信用が高いものであれば優良と判断され、企業の信用とは関係なく、低コストによる資金調達が可能になります。

これにより、投資家は企業よりも対象の資産に対しての信用に目が向けられるようになり、会社の信用がなかったとしても、資産で判断が行われるので、新興企業や中小企業などが利用しやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ