市中銀行と呼ばれる民間金融機関の役目とは

市中銀行とは、主に民間金融機関の銀行の事であり、都市銀行、第一地方銀行、第二地方銀行などを指す時に使われます。日本の中央銀行である日本銀行との差別化の際に使われる用語で、日本銀行の業務が紙幣の発行や大型融資など民間金融機関と異なるので、使い分けられています。

主に経済学で使われることが多く、預金、両替、為替、送金、融資などが主な業務であり、一般市民から預金として集めた資金を企業などの事業者に融資を行い、利子で利益を生み出す金融機関となります。

全国キャッシュサービスやバンクスなどの他の民間金融同士を接続するネットワークが展開が行われていることから、最近ではコンビニATMと呼ばれるコンビニに設置されているATMから多種多様の銀行のATM操作に対応しています。また、インターネットによる口座操作も可能であり、振込、振替などの操作も瞬時に処理が行われる特徴があります。

ゆうちょ銀行の場合には民間金融機関ではなく、公的金融機関に該当する機関ではありますが、ギガバンクと呼ばれ、基本的には同じ役割があり、オープンネットワークシステムにより相互利用が可能なATMを展開しています。

大きく異なるポイントとしては日本政府が関与していることから公的金融機関となり、大型融資などを行い、預金額なども多く確保できているという事です。これらからギガバンクと呼ばれ、全国での展開をしていることから、同じく全国展開をしている都銀よりも利便性の向上が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ