シニアローンは2つの意味を持つキーワード

債務担保証券など債権を取引する場合の債務の種類としては、シニアローンと呼ばれるものがあります。これは債務の中でもリスクが少なくすぐに弁済が終了するものであり、債券取引の中ではリスクは少ないが利益も少ないとされるものになります。

その他としてメザニンローンと呼ばれるリスクが高く、返済の見込みが危ういとされるものもあり、債務者が1つ目のローンを返済している際に2つ目のローンを行った場合にはシニアからメザニンへと移行し、返済の優先度なども大きく変わってしまうことで生まれてしまいます。

債務担保証券としてもリスクが高い債務ほど長期的に返済が行われることで利息が多く発生することから、投資家の間では注目がある案件となりますが、リスクが大きいことも理解しておく必要があります。また、シニアローンは老人向けの融資商品として銀行が扱う商品の名称としても使われており、老後のライフスタイルに合わせて融資が行われます。

担保としては死後の不動産や預貯金、保険金などが含まれるので、それを元に融資が行われ、後世に相続させないデメリットもありますが、生きているうちにローンなどの不安要素が取り除かれ、余生を旅行などで充実し、お金の不安がない生活を送る人が注目している商品です。

元本の返済も担保などで返済が行われるので、子供がいない老夫婦などが利用することから、最近では注目されているローンサービスとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ