金融商品取引での禁止行為である地場受けとは

地場受けとは、金融商品業者が同業者である他社の金融商品業者に対して金融商品の注文を受ける事で、自社の金融商品が値上げすることを知りながら、代わりに購入させる行為になります。

その為、日本証券業協会によって禁止されている行為であり、一般の投資家などはこの値上げする情報を知らない為、平等性を失い一部の人間だけが得をするのです。
ただし、国債証券、投資信託、外国投資信託の受益証券に関わる取引については認められており、一般の投資家が注目している金融商品取引に限定されています。

これはインサイダーにもつながるものであり、会社の内部情報を扱う人間がその立場を利用して情報が公表される前に株の売買を行ってしまうので、内部者取引を禁止する為にも作られたルールになります。

その為、証券会社の従業員が他の証券会社の口座を開設して自分の利益の為に株式や株式先物などの売買注文を行うことが出来ず、インサイダー等の不正取引にも該当しますし、従業員は書面による金融商品取引業者の書面による承諾を受けたときにしか取引することが出来ません。

有価証券の取引を注文を出す側を地場出しと言われており、地場出しも地場受け同様に禁止行為となり、証券会社の従業員などは他の業者を通して有価証券の購入をすることが出来ず、自社で行える株式、株式先物などの利用も禁止されています。

その為、ルールを破ったものに対しては刑罰が下され、ニュースで取り上げられることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ