証券会社の役職員が注文を行う地場出しとは

地場出しとは、証券会社の役職員が他社の役職人に対して有価証券の売買を注文する事です。これにより、役職員しか知りえない情報を元に売買が行われるので、株価に影響する発表が行わる前にリスクを抑えることが出来る行為になります。

その為、情報が公表されていないので、一般の投資家などと比べ不合理となるので、禁止されています。地場出しは有価証券の売買を注文することで、地場受けは注文を受けることとなるので、地場受けを行った証券会社の役職員にも刑罰が下されることになり、ニュースなどでも騒がれる可能性があります。

株式、株式先物取引、株式オプションなどで状況に株価に影響することを事前に知りえ、株価に影響が行われる前に取引を行う事から、インサイダー取引に該当するものであり、こうした不合理で不平等な取引を阻止するために決められたルールとなります。

ただし、国際証券、投資信託、外国投資信託の受益証券に関わる取引に関しては例外とされており、こちらの証券の注文に関しては禁止されていません。

その為、証券会社の役職員が他の証券会社の口座を作り、株式などを取引する際には注意が必要となり、それが自分名義でも、他人名義であっても、関係者として調査が行われるので、証券会社に関係のない知人を利用させた場合にも不正取引として利益、損益の結果に関わらず刑罰を受けることになります。

刑罰は課徴金と呼ばれる国が徴収する罰金となるので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ