強制的に市中銀行から集める支払準備率とは

支払準備率とは、準備預金制度で都市銀行や地方銀行などの市中銀行が、中央銀行である日本銀行に強制的に預金を行う割合の事です。準備預金制度の役割としては、日本金融のコントロールであり、銀行の規模によって支払準備率は変動します。

これにより、金融機関が一般の利用者から集めてきた預金を元に企業などに融資をする際の預金準備率をコントロールする役割があり、強制的に集めることで、金融を間接的にコントロールことが目的となります。日銀預け金には2種類の方法で集めることになり、同時積み方式と時差積み方式があります。

素早く金融市場をコントロールする場合には即時性の高い同時積み方式が使われますが、5日以内に金融機関の預金残高の計算と積み立てを行うので、金融政策としてはすぐに現金を回収することで、即時性を高めることが出来ますが、一歩で正確な計算が行えないことから、金利が下がるデメリットがあります。

時差積み方式は約半月間で預金残高の計算と積み立てを行う事から、正確な計算が行えるメリット、時間がかかってしまうデメリットがあります。日本では急ぎの金融政策が行われないことから、時差積み方式が採用されており、これにより、支払準備率の正確な計算などが行えます。

これを行う事で、銀行が行う企業の融資などの調整も間接的に日本銀行が行え、銀行経営の健全性と維持が保て、企業に行う融資の利息などにも大きなふり幅を生み出すことなく平等な取引が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ