モーゲージ証券の一つである住宅ローン担保証券とは

モーゲージ証券の一つとして住宅ローン担保証券があります。これは不動産に対するローンの債権を完済できるのかを裏付けした上でその債権を担保にして新しい債権を生み出すものです。

つまり、金融機関が所有する貸した金額を担保にして新しい資金を得る行為であり、金融機関からしてみれば、長期にわたって返済されるローンを待つよりも、すぐに現金を手にできるメリットがあります。これを使うことで新たなる融資などを行う事になります。

住宅ローン担保証券の前提としては完済されるであろうローンに対して融資が行われるので、記憶に新しいサブプライム問題に大きな影響を与えました。アメリカでは住宅購入、投資ブームにより、銀行をはじめとする金融機関は低金利で住宅ローンを組ませる競争を行っており、返済の見込みがない低所得者にも融資を行っていました。

その債権に対して住宅ローン担保証券として投資家から資金を得ていましたが、低所得者の利用者たちがローン滞納、自己破産や返済不能などに陥ったことが債権の価値を急激に下げることとなり、債権を購入した投資家を中心に大きな不利益を生み出す結果となりました。

その為、サブプライム問題以降ではこのような借金の返済を見込みにした債券商品である債務担保証券に対して投資家たちからは購入されやすいものではなくなり、全世界の金融機関に大きな影響を与える結果になりました。その為、現在でも慎重に判断が行われる商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ