普通銀行の事を商業銀行と呼ばれる理由とは

普通銀行の事を商業銀行と呼ばれることがあります。これは、一般の利用者から回収した預金を資金源として、個人や法人へ融資を行う事で、発生する利息を元に利益を生み出す仕組みを使ってビジネスとして成り立たせているので、この呼び名が使われています。

元々はイギリスで18世紀に登場したシステムで、短期的に資金を集めることが可能であり、短期の融資を行うことをメインの業務としてきた金融機関の事で、日本の場合には市中銀行がこの役割を果たし、都市銀行、地方銀行、外国銀行などが該当します。

しかし、商業銀行は民間金融機関であり、大型の投資案件や大きなリスクを伴う案件への投資がなかなかな行われない現状があり、企業や研究機関などが融資を利用する場合には審査が通りにくい一面も持っています。

その為、シンジケート団と呼ばれる複数の金融機関が集まって投資を行うシンジケートローンが登場し、大型の投資案件やリスク案件などは複数の金融機関で補うことで、1社あたりのリスクを抑える動きもあります。民間金融機関以外には公的金融機関があり、こちらの場合には国が出資を行う事で、民間以上の投資を可能としています。

その為、大型の投資案件やリスク案件などはシンジケートローン同等に審査が通りやすく、企業や研究施設が利用しやすい事から民間のシンジケートローンと競合している一面もあります。ゆうちょ銀行などがこちらに該当するので民間とは別になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ