市場動向を予測する証券アナリストと呼ばれる仕事

証券アナリストとは、金融市場、株式市場、商品市場などを見極めるプロフェッショナルの事で、市場を分析、調査を行う事で、今後の市場展開などを予想していきます。その為、投資家からの投資に対する判断の意見を述べ、資本市場に対する影響力は強いものであり、過去の動向などのレポートを公表していることから信用が高い立場でもあります。

証券アナリストには大きく2種類に分けられ、証券会社に所属するセルサイド・アナリストと銀行系、独立系などのバイサイド・アナリストです。

セルサイド・アナリストは証券会社に勤める専門職で、証券会社の顧客である個人投資家や機関投資家などの顧客に対してサービスを行う事であり、証券会社が各分野に精通した専門家を集めることで、会社としてのサービス向上を目的としています。

バイサイド・アナリストの場合には投資銀行や機関投資家に属する者であり、顧客に対してのサービスよりも自社の利益を生み出すために市場動向や分析などを行う職種となります。その為、接客業を含むセルサイドから専門職として扱われるバイサイドへの転職する例も多数あります。

証券アナリストになるためには試験が行われており、試験に合格をすることで、証券会社や投資機関、銀行などで働くことが可能になります。第1レベル検定試験、第2レベル検定試験をクリア後に実務経験3年を積むことで、信用を得て、正確な判断が行える人材として認められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ