大型融資を受けるシンジケートローンという方法

シンジケートローンとは、大型の融資を受ける際に金融機関が集まり融資を行うローンサービスの事です。金融機関が複数集まるので、シンジケート団と呼ばれる組織が形成され、申込者はシンジケート団を取りまとめるアレンジャーと呼ばれるまとめ役と条件の契約を行います。

複数の出資者の事をパーティシパントと呼ばれ、申込者が行った条件の契約内容に関してはパーティシパントにも同様の契約が行われるので、複数の出資者と契約を結んで資金提供を受けるよりも、スムーズでシンプルな仕組みとなります。

アレンジャーには契約取りまとめ手数料、事務取りまとめ手数料が発生し、申込者の負担は大きくなりますが、パーティシパントなどとの取引などアレンジャーが行っているので、申込者の手間を減らす役割も果たしています。

シンジケートローンの特徴としては融資が受けやすくなることであり、銀行1社が出資する場合には大型の融資を行う限度があります。また、リスク案件など行うと負担が大きくなることから、複数の金融機関が共同で出資を行う事で、1社あたりのリスクを減らすことで、大型案件やリスク案件などを受けやすくなります。

長期的な融資からコミットメントラインのような期間を設けての融資まで行われており、コミットメントラインを設ける場合には融資額と期間が設定条件となります。期間内であれば投資額が減らされることがありません。その為、安定した投資を求める場合にはコミットメントラインを設けるケースが存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ