信用協同組合と信用金庫との業務内容や対象企業の違い

信用協同組合は、信用組合や信組とも呼ばれています。これは、地域における相互扶助の理念に基づいて運営されています。具体的には、各組合員が預金をすることで、必要な時に融資を受けられるように組織された金融機関のことです。ここでの組合員としては、地域に在住する中小零細事業者や住民、勤労者と限定されています。

そのため、地域住民によって組織運営された地域密着型の金融機関です。
また、信用金庫と比較すると、より小さな企業を取引対象としています。しかし、業務内容は、銀行と同様に取り扱う商品は変わりがありません。

一番の違いは、市中の銀行は営利目的で運営されていますが、この組織はあくまでも、相互扶助の理念で運営されていることです。そのため貸し出しや有価証券から出た利益は、出資者である組合員である中小企業や個人事業主などに配当されています。

また、その余剰資金は、系統中央金融機関である全国信用共同組合連合会にまとめて運用されています。地域組合員は、その地域の中小零細事業者や住民が作った組織として、その営業エリアは県下一丸となるため、組織の中で一番大きな業態になります。

そのため、大部分の信用協同組合は、狭い地域内を分けて営業を行っているようです。
その他には、同業種で組織された医業、出版製本、公衆浴場、青果市場などの組合があります。また、最後に、都県庁・市職員や鉄道会社、新聞社など同じ職場で組織された組合です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ