信用供与の意味とそれが利用される事例とは

信用供与とは、一般的に金融業界で幅広く使用される言葉になります。ここでは、他人を信用して自己資金や商品などを一時的に貸すことを言います。これは、相手が返済する意思と返済能力があると信じて貸す行為になります。

たとえば、ある人が別の人に対して金銭を貸し付けたり、支払いを猶予したり、金銭の支払いについて保証することをいいます。そのため、銀行や消費者ローンなどの融資を始め、クレジットカード会社のクレジットカードの利用があります。

その他には信販会社の販売信用、企業間の支払いでは売掛け買掛け払い、証券会社の信用取引などで利用されています。ただし、この貸付を行う際には、通常、各機関で所定の審査が行われてからになります。

例えば、証券会社では顧客からの有価証券の買い付け申込みに対しては、証券会社に実際の貸し付けが行われるのは、売買成立日から起算して4営業日目となります。この日は決済日と呼ばれ、受渡が行われます。また、顧客に貸し付けるのは、顧客の差し入れた保証金や約定代金の差額ではなく、その約定代金の金額か売付証券となります。

ただし、顧客は株券や代金貸付けは現物を直接手渡すことはなく、売買受渡日に証券会社が代行として立て替えを行います。ここでは決済機関を通じて受渡しが完了します。また、受渡決済によって得る株券や売却代金は、直接顧客に交付されることはなく、証券会社が貸付株券または貸付代金担保として保管します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ