信用逼迫による企業への影響力と世界的での問題

金融システムが極端に逼迫することを、信用逼迫と言います。これが発生すると、金融機関は融資枠の縮小や融資条件を厳しくする貸し渋りを開始します。これにより、企業は運転資金を確保できなくなり、運転資金が借りられなくなる事態が発生します。

特に、信用力が低い中小企業などは、銀行による貸し渋りや貸し剥がしが原因となり、倒産へと追い込まれることも過去に多くありました。つまり、これが起こると、市中にお金が回らなくなり景気後退につながる恐れがあるのです。

また、これが起こると、融資枠と金利の関係も大きく変化することになります。たとえば、政策金利は低金利にも関わらず、貸出金利が高金利になるような状況が発生します。こうなると、企業の資金繰り深刻な影響を及ぼして、デフレにつながり景気が悪化します。

特に、1997年バブル以降の日本国内でのクレジットクランチの影響は、日本経済を深刻な後退に追いやりました。これにより、金融機関の総資産が減少して、自己資本率も低下することになりました。結果、国際決済銀行に定められた自己資本比率を維持するBS規制が適用されることになりました。

近年では、サブプライム問題に端を発したクレジットクランチにより、世界各国の中央銀行の積極的な流動性供給や利下げを行うことで短期的な処置を行いました。しかし、これは長期的な処置が必要となるため、一国だけの問題ではなく世界経済全体へ影響を及ぼすことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ