信用保証協会の役割とそれによる中小企業のメリット

信用保証協会とは、信用保証協会法によって設立される公益法人となります。ここでは、中小企業が銀行から融資を受ける際に、その債務を保証することで、資金繰りの円滑化を図る目的で設立されました。

具体的には、大企業よりも資金調達がしづらい中小企業の信用力を補完することで、銀行との架け橋になり、中小企業が資金調達することを円滑にするものです。そのため、47の各都道府県に、横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市、大阪市の5都市を加えた52の協会が全国に存在しています。

一般的に、中小企業が銀行から融資を受ける場合には、大企業よりもその資本金も低くなり、企業規模、業種、区域、業域などが厳密に審査されます。そのため、融資をしてもらえない場合や、たとえ融資をしてもらえたとしても、その調達額や条件が中小企業にとっては不利になることが多くなります。

そこでこの信用保証協会では、中小企業がスムーズに資金調達できるように、委託された後にその銀行に対して信用保証を行います。銀行は、その信用保証に基づいて融資を行い、協会はその対価として信用保証料を事業者から得る仕組みで成り立っています。

また、事業者が返済に困窮した場合には、協会が銀行に対して代位弁済を行います。これにより、求償権を取得することとなり債権回収を行います。また、倒産した場合には、その未回収分は不良債権となるため、銀行ではなく保証人である協会が損失を被ることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ