スイフトコードが利用される目的とそのメリット

スイフトコードは、SWIFTアドレスやBICコードとも呼ばれており、国際銀行間金融通信協会が提供する、国際送金システム上で利用できるナンバーをいいます。これは、海外にお金を送る場合に、相手方を特定するために利用される金融機関を識別するものになります。

国際標準化機構により承認されているため、標準書式となっています。
これを利用すると世界各地の金融機関が特定できるため、銀行間の国際送金では大変便利なものになります。

例えば、国際送金上の送り方では、受取人が保有している口座の銀行コードを利用することで、入力が必要となる相手方の銀行名、支店名、所在地などの詳細な情報を省略することができます。そのため、送金する場合では、より確実に、スピーディに処理ができるメリットがあります。

また、国際送金をする際に、海外の金融機関の該当番号を調べる場合には、ウェブサイトの「BIC search」で調べると良いでしょう。ちなみにこれは、8桁から11桁のアルファベットと数字が組み合わさってできています。お金を海外の金融機関に送る場合にはこのナンバーを利用することで確実にできます。

たとえば、これを記載せずに海外送金してしまうと、受け付けた銀行の処理によっては数カ月間もお金が行方不明になるような事例も過去にあります。また、アメリカにある金融機関に送金する場合には、ABAコードが使用されます。ユーロ圏ではIBANコードが求められることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ