ストラクチャードインベストメントビークルの仕組み

ストラクチャードインベストメントビークルは略称をSIVと呼び、主に長期金利と短期金利の差に着目して、利鞘を稼ぐ特殊な資産運用会社のことを言います。こういう資産運用を行う会社は、欧米の大手金融機関やヘッジファンドなどが投資目的に特別目的会社を設立して、運営するケースが多くなっています。

これは、連結決算の対象外の組織として設立できるメリットがあります。もとは1988年にシティバンクグループが、投資専門のSIVを傘下に設立したのが始まりと言われています。

この運用の仕組みは、資本として株式や、ミディアムタームノート、資産担保コマーシャルペーパーなどの形態で資金を集めて、それらを不動産融資担保証券や債務担保証券、劣後債などで運用して収益を上げる運用方法となります。そのため、証券化商品を利用して積極的な運用をする特別なファンドとも言われています。

一般的には低金利の短期資金を調達することで、高金利の長期金融商品に投資して利益を出すスキームとなります。
これは、サブプライムローンを発端にした2008年の世界的な金融危機では、SIV運用を行う投資会社の資金繰りがうまくいかなくなり、破綻した経緯があります。

たとえば、現在は存在しないイギリスのスタンダード・チャータード銀行 、当時傘下のSIVやウィッスルジャケット、資産担保証券で約320億円もの損失を出して破綻した経緯があります。これは市場の下落が止まらず、その支払い猶予終了までに債務を返済できなかったことが原因で、銀行傘下のSIVで初のデフォルトに陥りました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ