ストラテジストとは何をする人なのでしょうか

ストラテジストとは、国内をはじめ世界の経済動向を分析して、投資の戦略や方針を立て具体的戦略を練る専門家のことを指します。この職種は、大手金融機関や外資系金融機関に一人いますが、各金融機関の広報的な役割として、投資番組や新聞で企業を代表しての投資動向をコメントします。

ただし、この資格そのものは存在しませんが、所有している資格としては、証券アナリストや公認会計士が一般的です。また、最初からこの職種になることは難しく、アナリストやジュニアの立場から始めることになります。

この仕事では、経済動向を見極め、証券アナリストの予想を参考にしながら、マクロ、ミクロ経済の両方の視点が必要です。また、それらを加味した上で、あらゆる情報や今後の相場の流れとトレンドを考慮に入れることで、より効果的な投資戦略や資産分配などを、機関投資家やファンドマネージャーに提供します。

主な活躍の場としては、外資系証券会社、投資信託会社、投資顧問会社があり、その他には、経済の専門家としては、経済情勢を分析するエコノミストや、業種や個別企業に関する分析を行い、投資判断を示すアナリストの役割をすることもあります。尚、投資の専門家は経済ニュース情報を確保するために、世界の最新金融情報を扱うブルームバーグをチェックします。

これで主要新聞6紙の主なニュースが掴めます。また、海外のマーケット動向や経済ニュースには、ウォール・ストリート・ジャーナルやロイターから得ています。このほかに、海外支店や社内の専門家と情報共有を行うことで戦略を練ります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ