セントラルバンクの概念とその業務内容と役割

セントラルバンクとは、中央銀行と呼ばれて同一通貨を使用される国や連合地域において、金融組織の中核をなします。これは、法定通貨の独占発券権として銀行券を発行できるだけではなく、一般の銀行に資金供給をして市場の通貨量の調整を行います。

また、政府のために国庫の支出や収納、保管なども行い、これらの業務を通じて金融政策の運営も行っています。また、最後の貸し手として金融を統制する機能があるため、外国為替の管理や決済の集中機関としての役割もあります。そのため、国家間の金融協定では当事者となります。

また、通貨価値を調整することで物価の安定と金融システムを維持させる使命があります。世界の主要なものには、日本の日銀、FRBと呼ばれる米国の連邦準備制度理事会、ECBと呼ばれるユーロ圏の欧州中銀、BOEと呼ばれる英国のイングランド銀行があります。

その他にはスイス国銀、カナダ銀行、オーストラリア準備銀行、中国人民銀行、ロシアのロシア中銀、ブラジル中銀、インド準備銀行などがあります。
近年、世界的な金融危機により、その役割には多くの課題があがっています。

米欧では住宅と信用バブルが崩壊したことで、経済状況が極端に悪化して、実質的なゼロ金利やバランスシートの大幅な拡大を行いましたが、まだ大きな改善には至っていません。日銀でもゼロ金利政策や量的緩和政策、将来の金利水準についてのコミットメントを行っていましたが、過去何十年も景気回復には至りませんでした。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ